オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

モー娘。飯窪春菜の卒業発表で真実味を増すハロプロ25歳定年説。

こんにちは。若さの価値の大きさに気づいてきた池松ケイタです。

モー娘。飯窪春菜、卒業発表

2018年8月17日、モーニング娘。'18の飯窪春菜が今秋のツアーで卒業することが発表されました。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

卒業後もソロで芸能活動を続けていきたいという、
飯窪春菜」の新しいチャレンジを引き続きサポートしていきます。

卒業後も芸能活動は続けていくとのことです。

芸能界での交友関係が広く、ハロプロファンの間でモー娘。の外交担当とまで称されている彼女ですから、卒業後も芸能活動は続けるのは予想通りです。

ファッションが好きなので、その方面を生かした活動ができるといいのですが。

wear.jp

 

ハロプロ25歳定年説

突然の発表でしたが、ハロプロファンの間では「やっぱりね」という感想が多いです。

なぜなら、ハロプロファンの間ではハロプロ25歳定年説」まことしやかに語られているからです。

ハロプロ25歳定年説」について、こちらの「リアルサウンド」の記事が言及しています。

realsound.jp

ハロプロには「25歳定年説」というものがある。ハロプロ史の初期では27歳でモーニング娘。を卒業した中澤裕子というケースもあったが、高橋愛道重さゆみはいずれも25歳で卒業。他のグループでも℃-ute解散時の矢島舞美カントリー・ガールズ卒業時の嗣永桃子などはいずれも25歳で、それより上の年齢での卒業というケースが見当たらないのだ。

当たり前ですが、事務所は明言していません。今のご時世、「うちの事務所は25歳でアイドルを卒業させます」なんて明言しようものなら大バッシングでしょう。

この記事で分かりやすく並べられている通り、2018年に25歳を迎える現役ハロプロメンバーはいません。そして、24歳を迎える(迎えた)現役ハロプロメンバーは、次の3人。

<1994年度(24歳)>
■1994.11.07:飯窪春菜モーニング娘。’18|10期|サブリーダー]
■1994.08.01:和田彩花アンジュルム|1期|リーダー|ハロー!プロジェクト・リーダー]
■1994.04.02:宮崎由加[Juice=Juice|1期|リーダー]

このうち飯窪春菜和田彩花の2人は、すでに卒業を発表しています。

k30otona.hatenablog.com

 和田彩花の卒業は2019年春ツアー後ですので、25歳を迎える前ですね。

 

25歳で卒業させる理由は?

ハロプロメンバーは、なぜ25歳で卒業させられるのかを僕なりに考えてみましたが、次のような理由しか浮かびませんでした。

シビアな理由としては、アイドルとしての人気の面。

一般論として、アイドルは年齢を重ねると、人気が下がることが考えられます。

25歳を超えてアイドルとしての人気が低迷する前に、アイドルとしてではなく別の道を歩ませようとしているのかもしれません。

別の理由としては、人生設計の面。

基本的に女性アイドルは恋愛禁止。

このルールでいつまでも縛っていると、将来結婚して子供を産みたいなどと考える女性には酷すぎると考えているのかもしれません。

当然ですが、これらは想像でしかないので、事務所がどんな風に考えているのかは分かりません。そもそも、事務所は25歳定年説自体を否定するでしょうしね。

ちなみに、オスカープロモーションは「25歳まで恋愛禁止」だといわれていますが、実際は若いうちは恋愛にうつつを抜かしてないで仕事を頑張れってことみたいですね。

www.news-postseven.com

 

ハロプロ25歳定年説に思うこと。

僕としては、アイドルを卒業するなら前向きな理由であってほしいと思っているので、定年が理由の卒業については複雑な気持ちです。

もちろん、卒業の理由を「定年が来たので」と赤裸々に告白するわけではなく、何らかの前向きっぽい理由をつけて卒業するのですが……うーん。

まあ、そのあたりは芸能界。我々ファンは、公式に与えられた情報で応援していくしかありません。変な詮索はせずに、別の道を歩もうとするメンバーを温かく見送るのがいいのかもしれませんね。

他方、ジャニーズの息の長さに安心します。

まだまだ若いSexy Zoneですが、最年長の中島健人君は飯窪春菜と同い年。ハロプロだったらとっくに卒業していても何らおかしくはありません。

まだまだ応援を続けられるかと思うと、見守りがいがあります。

ハロプロもメンバーチェンジを繰り返していくことが魅力の一つでもあるので、一長一短ではありますが……。

とにかく、僕は特に年齢は気にせずに、応援したい相手を応援しようと思います!

三十路男のSexy Tour 2017 ~ STAGE【その5】

『Sexy Zone Presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE』をボチボチ観ている池松ケイタです。

k30otona.hatenablog.com

……えっ、ちょっと待って……半年前じゃん!

この後、XYZ=repaintingが発売されたから、そっちに夢中になってしまった……。

k30otona.hatenablog.com

ちゃんと予約して早々に入手したにもかかわらず、大切に温めておいた『Summer Paradise 2017』を観ようかな……と思ったら、まだ『Sexy Zone Presents Sexy Tour 2017 ~ STAGE』が残っていることに気づいたという……。

なんかですね、真剣なトーンでメンバーの挨拶が始まったので、「これは生半可な気持ちでは観られないぞ!」と思ったら、いつまでも観られなかったんですよね……(笑)

というわけで、覚悟を決めて続きを観ます! ポチッとな!

 

挨拶

メンバーがこれまでの、そしてこれからの自分たちについて語ったり、ファンへの感謝を伝えたり。真剣なメッセージなので、中島健人君が「セクシー サンキュー」と言ったって、マリウス葉君が「頑張りマリウス」と言ったって、ギャグ感は出ずにフゥ~~~!みたいな観客の声援が飛びます。

でも、松島聡君がファンに対して「美しい、そしてかわいらしい笑顔を僕たちに見せてください」と言い慣れない感じで気障なことを言った時は笑いが起きるという……(笑)

個人的に一番印象的だったのは、佐藤勝利君のメッセージ。

「何十年先もどうぞよろしくお願いします。」

……いやー、すごいですね。何十年先も続けてくれるんですね!!?

20年先でもアラフォーですから続けてくれそうですよね、うんうん。

ハロプロではメンバーの入れ替えでユニットが続くことはありえますが、個々のメンバーが何十年先もアイドル活動を続けてくれることは考えにくいです。

その点、息の長いジャニーズでは十分ありえますね!

いやー、こちらこそよろしくお願いします。ホント。

 

STAGE(『Sexy Zone 5th Anniversary Best』収録)

菊池風磨君がメンバーの想いを歌詞にしたと紹介して始まったこの曲。

実に真っ直ぐな曲ですね。

初心を忘れずに頑張る

5人で頑張る

ファンのために頑張る

 メンバーの決意が、優しくキレイなメロディにのせて響いてきます。

5人がステージ奥に向かう。

1,2,3,4,5!!!!!

 

リハーサル映像などで構成されたスタッフロールを観ながら余韻に浸っていると……

「せくしーぞーん! せくしーぞーん!」とアンコールが始まった。

ちょっと待って、ちょっと待って、もうちょい余韻に浸りたいし、『STAGE』の歌詞もしっかり見てみたいし……ってことで、ここまでにしときます!!!

 

今日の感想

いやぁ~……ホント、息の長いグループになってほしいです。

僕はハマった趣味については結構しつこいタイプなので、末永く応援しますよ、ホント。

……あぁー……ゴタゴタしないでほしいなぁぁぁーーー……お願いしますね、ホント。

悪くなくても謝れる大人になる。

職場の人と、もめました。

職場で隣の席の人が、僕が進めている仕事の意義を否定するようなことを言ってきました。過去にも同じようなことを何度も言われてきたので、いい加減に腹が立って

「僕の仕事を軽んじられているようで、話していて気分が悪いです」

とハッキリ言いました。口調は結構キレ気味だったと思います。

……めっちゃスッキリしました!(笑)

こういうのって、言ってしまって後悔するパターンですが、全く後悔していません。
今まで何度も気分が悪くなることを言われてきて、そのたびにずぅ~ん……と気分が沈んでいたのですから、たまにはこっちからハッキリ言ってもいいはずです。

避けられるようになってしまった。

その出来事以降、相手が僕を避けるようになりました。といっても、隣の席なので物理的な距離は近いのですが。あくまで精神的に避けられているって感じです。

用事があって話しかけても目を合わせずにそっけない返事。露骨なシカトではありませんが……まあ、気分は悪いですよね。

今まで僕はその人から嫌なことを言われても、こんな風に避けるような真似はしなかったのに。かなり年上の人なので、こんな子どもっぽい態度をとるとは、驚きでした。

一応、謝っておくか。

でも、僕も子どもっぽいという自覚はあります。

まず、ちゃんとした大人は「話していて気分が悪いです」なんてハッキリ言わないですよね……。伝えたいことをオブラートに包んで話す。それが大人。

それに、もめごとは、片方が100%悪いってことはありません。もちろん、僕は「100%相手が悪いもんね!」と思っているのですが、仮に中立の裁判官的な立場の人がいた場合、僕の主張が100%通るとは思っていません。

あと、相手は良かれと思ってやったことだというのも分かります。完全に間違っていて甚だ迷惑なのですが、当人は助言のつもりで話しているのです。悪意がないことなので、こちらも寛大な心を持ってもいいかもしれません。

つまり、僕も子どもっぽいところがあったので、今回のことは水に流してあげてもいいかな、と思うのです。(あくまで上から目線。それがポイント。)

謝ることも仕事のうち。

職場の人から避けられているというのは、仕事に支障があります。円滑な業務を阻害する恐れがあります。社会人として、そのようなリスクは除去すべきです。

職場を穏やかで明るい空気にして、気分よく仕事ができるようにすることは、チームで仕事をするときに一人一人が意識すべきことではないでしょうか。

なので、個人的な「僕は悪くないのに謝るわけにはいかぬ!」という気持ちは捨てて、謝ろうかと思います。「仕事のために、自分が悪くなくても謝れる大人な僕、カッコイイ!!!」という気持ちになろうと思います。

自分の気持ちに折り合いをつける謝り方。

自分の主張は捻じ曲げません。

「テロには屈しない!」というスローガンと同じです。テロ=相手の子どもっぽい態度。絶対に折れてはいけないポイントでは絶対に折れません。

なので、謝るのは、あくまでハッキリ言い過ぎたこと。「(言っている内容は何も間違っていないのだけれど)あんな言い方をしてすみませんでした」と謝ります。

気をつけたいのは、謝るときは謝ることに集中して、反論をしないこと。

相手の主張を否定すると、謝罪が謝罪でなくなってしまいます。謝罪会見に失敗した芸能人のようにはなるまい。自分の主張は捻じ曲げませんが、かといって、相手の主張を否定しない。それは、相手の主張を受け入れることとイコールではありません。反論したければ、別の機会でもいいのです。

 

……よしよし。謝れる気がしてきたぞ。

というわけで、頑張って謝罪します! 僕は悪くないけどね!!