オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

2018年は大人の手帳「モレスキン」とともに!

高級ノートとしてデキる大人に愛用者が多いと噂のモレスキン

 

僕は2017年8月からモレスキンのノートを使ってライフログを残しているのですが、

2018年は予定を書き込む手帳モレスキンにします!

 

きっかけは、たまたま行ったお店でのモレスキンフェア。

モレスキンの表紙に無料で名入れをしてくれるというものでした。

「これは運命だ!」と思い、普通の手帳に比べると高いんですが、モレスキンの手帳を購入。

 

買ったのはウィークリーバーチカルダイアリー(縦型)

サイズはポケット(9cm×14cm)とラージ(13cm×21cm)があり、

僕は予定をある程度しっかり書き込みたいのでラージを選びました。

ラージでもA5サイズより小さく、縦は一緒ですが、横が2cm弱短いです。

f:id:k30otona:20180101234355j:plain

モレスキンは、独特の手触りの表紙ノートを留めるためのゴムが特徴的。

モレスキンの表紙には固いハードカバーとやわらかいソフトカバーがありますが、

僕はハードカバーが好みです。手に持った状態でも書きやすいので。

あと、僕は物の扱いが雑な自覚があるため、丈夫な方が安心です。

(なお、種類によってはいずれかのカバーしかないものもあるようです。)

f:id:k30otona:20180101234407j:plain

モレスキンの定番で、表紙をめくるとノートをなくした際に拾得者へのお礼を書いておく欄があります。

金額を書くもよし、「ランチを奢ります」でもよし、もっと粋な言葉を書いてもよし……

ちなみに、僕は何にも思いつきませんので空欄です。カッコイイこと書きたいんですけどね(笑)

f:id:k30otona:20180101234612j:plain

これもモレスキンの定番ですが、裏表紙をめくるとポケットがついています。何気に便利。

手帳にはシールもついています。

f:id:k30otona:20180101234737j:plain

月間予定表は、1ページで1か月分です。

最近までA5サイズで見開き1か月分の手帳を使っていた僕としては、かなり狭く感じます。

月間予定表は、記号を使いながら最小限の記述にする必要がありそうです。

ちなみに、写真のように裏面が透けていますので、気になる方は向いていないかも。

手帳への記入には無印良品のこすって消せるボールペンを使っていますが、

そのペンで書いた文字は裏移りしませんでした。

f:id:k30otona:20180102002049j:plain

肝心のウィークリーの部分。

見開き1週間で、土日は2段でまとめてあります(右端)。

8時から20時まで1時間2行(13時及び20時は1行)で区切られており、

13時と14時の間である真ん中部分は少し広くなっています。

土日の予定が少ない僕としては便利な構成ですが、

土日にパンパンに予定を書き込みたい人にとっては使いづらいかも。

f:id:k30otona:20180101234800j:plain

ちなみに、モレスキンは「旅のお供に使ってね!」って感じのノートですので、

世界各地の時差や祝日、国際電話番号、単位変換表などのページがあります。

僕は旅行するとしてもせいぜい国内しか行かないため、

正直不要なのですが、世界中で愛される手帳らしい特徴なので我慢します。

 

2018年、実際使ってみての感想なども今後記事にしたいと思います。

 

それでは皆様、今年もよろしくお願いします。