オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

三十路男、セクゾにハマる。【メンバー編】

2017年11月放送のモー娘。との『LOVEマシーン』コラボで

Sexy Zone(=セクゾ)に興味を持ち、それから色々調べました。 

k30otona.hatenablog.com

 

僕の中でセクゾはデビュー当時のイメージが強く、

デビュー曲Sexy Zone小さな子どもたちがバラを持って踊っている印象が根強かったです。

なので、調べてみたら、メンバー5人中4人がもう成人になっていることに驚きました。

とはいえ、デビューは結構前な気がしていたので、まだ未成年メンバーがいることに驚く気持ちも。

最年長の中島健人君でもまだ23歳なので、まだまだ若々しい姿を拝めそうですね。

 

また、色々調べてみて、メンバー5人の個性が少しは理解できたかと思います。

現時点で僕が抱いている各メンバーの印象を書き残しておきます。

これから色んな活動を追っていくと、その印象も変わっていくかもしれませんが、

後々その変化も楽しめると思うので。ちなみに、年齢順。

 

中島 健人
メディアの露出が多く、王子様キャラが印象的。先輩には人懐っこく、後輩には頼れる先輩らしさがあり、メンバーにはマイペースで自由に接している様子。どうやら一人っ子らしく、性格にも傾向が表れているのかもしれない。黒髪で、やや愛嬌があるイケメン。表情を作ると一気にセクシーになる(モー娘。コラボの時はヤバかった。)。座高が低い。

 

菊池 風磨
見た目はやんちゃだが、慶應大学卒業のインテリ。バラエティ番組でのコメントも上手だし、頭の回転が良いのだろう。年下メンバーに対してお兄ちゃん気質な印象。年の離れた弟妹がいるらしく、性格にもお兄ちゃんらしさがでているのかもしれない。目元がクールで、男らしいルックス。いわゆるジャニーズ顔って感じではなく、こうした雰囲気の男子がジャニーズに入って活躍するのは貴重な気がする。歌がうまく、歌い方がセクシー。父はシンガーソングライターで嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』を作詞。

 

佐藤 勝利
グループのセンター。ファンから「顔面国宝」と称されるほどのイケメンフェイス。これだけイケメンだと普通の人生を送ることが難しいんじゃないかと思ってしまう。中身は良くも悪くも普通の男子というイメージ。ギターやクルマが好きで、典型的な男子っぽい趣味をしている。アイドルとしては物足りなく感じられるのかもしれないが、僕としてはとても好印象。「普通」と書いたが、常識的な感覚を持っているのは非常に良いことだと思う。結構な負けず嫌いで、弱気な面を見せなかったり努力家だったりするようだ。センターという立場は何かと大変なのだと思う。なっち然り。

 

松島 聡
「さとし」「さとる」ではなく、「そう」。静岡県出身。天然。グループ内では身長が一番低い。ずっと笑顔のイメージ。デビュー当時と比較して一番垢抜けた気がする。ダンスが得意で、腰を振るらしい。自他共に認めるカピバラ似? 女性的な雰囲気がある顔つきだと思う。日本テレビ青木源太アナウンサーが可愛がっていた。バリバリのアイドル感があるメンバーが多い中、親しみやすいアイドル像だと思う。

 

マリウス 葉
グループ最年少。2000年3月30日生まれ。わずか11歳でデビュー。2018年の誕生日を迎えれば、18歳となって夜遅い仕事もできるようになる。デビュー当時はめっちゃ小さかったが、今はめっちゃ大きい。ドイツ出身で、父がドイツ人、母が日本人。スタイルと顔立ちでモデルみたい。中身はまだまだ幼い印象。甘えん坊というより無邪気な感じか。本名が長く、QMAクイズマジックアカデミーの順番当てクイズで出題された記憶がある。2017年12月20日にNetflixで配信された『フラーハウス シーズン3』に本人役で出演。ライブのステージ上でラモーナに名前を聞かれ、ファンの「マリウス」コールで「名前、分かったでしょ?」って感じのドヤ顔をする演技が良かった。

 

 

5人とも個性があって、グループとしてバランスがいいと思います。

個性が出ているのでまとまっていない感じもしますが、それもわちゃわちゃしていて楽しい

わちゃわちゃはしていますが、グループとしての結束は固いものを感じます。

5人というのも、個人的にはちょうどいい人数だなと思います。

 

もっと色んな活動を追って、印象が変わったりしたらブログに書きます!