オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

ハロプロ楽曲大賞'17、上位5曲の感想。

ファンの投票ハロプロ関連の楽曲の年間ランキングを作る企画、ハロプロ楽曲大賞

事務所公式のものではなく、ファン有志の方々によるもの。ありがたいですね。

2017年で16回目、すっかり年末の風物詩となっています。

↓ 企画サイトはこちら

f:id:k30otona:20180112232529p:plain

ノミネートされる楽曲は、前の年の12月からその年の11月までにリリースされたもの。

2017年はなんと206曲が対象!

今回は上位5曲と、その曲に対する自分の感想を書こうと思います。

 

1位 ジェラシー ジェラシーモーニング娘。'17)

 
モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit)

モー娘。人気もさることながら、つんく人気もうかがえる結果に。
・「Jealousy」の連発でクセになるサビ、突然のラップ、「ジェラジェラジェラっちゃう」(3:04~)、『Rich』『Young』『Girly』の流れでいきなり『細い』をぶち込んでくる(3:20~)……もうつんく爆発!って感じ。特に「ほそーい!!!」にはおいおいマジかよ流石だろと驚愕。英語字幕は"Rich, young, girly, skinny"としているが、それでは表現しきれない個性。
・個人的にも最近のつんく曲の中ではダントツで好き。やはりサビがクセになる。

 

2位 初恋サンライズつばきファクトリー) 

個人的には1位大賞になるかな?と予想していたけれど、ジェラジェラ強かった。
・ジェラジェラは聴けば聴くほどハマる曲だが、この曲は初っ端からグッと心を鷲掴みにしてくる。さんらぁぁぁぁぁーーーーーいず!!!!!
・MVではなくライブ映像を貼ったのは、小野瑞歩「君の愛に触れたい」(9:40~)が素晴らしかったから。
・MVでのジャンプのバレットタイム(被写体が静止した状態でカメラアングルだけグルッと回るように撮影できる技法。映画『マトリックス』で有名)もいいけれど。あの「えっ、これなんか微妙じゃないですか……?」って感じがデビュー曲っぽくていい。

 

3位 Fiesta! Fiesta!(Juice=Juice)


Juice=Juice『Fiesta! Fiesta!』(ショートVer.)

・5人体制から7人体制になって初めてリリースされた曲。
ラテンなノリで聴いてて気持ちが盛り上がってくる。作曲はエリック・フクサキサンキューエリック!
・新メンバー追加に抵抗があるファンも多かったが、「意外と7人もいいじゃん」との流れに変えたパワーがすごい。出だしの新メンバー・段原瑠々の歌声がキャッチ―。
・個人的には、カントリー・ガールズやなみん梁川奈々美)がJuice=Juiceファンに受け入れてもらえるかハラハラしながら見守っていた思い出がある。どんどん成長していくやなみんに驚きを隠せない。

 

4位 邪魔しないで Here We Go!モーニング娘。'17)


モーニング娘。'17『邪魔しないで Here We Go!』(Morning Musume。'17[Don’t Bother Me, Here We Go!])(Promotion Edit)

カントリー・ガールズ森戸知沙希モー娘。に14期メンバーとして加入して初めてリリースされた曲。
・タイトルから受ける印象と違って意外とマイナー調の曲。こちらの曲もつんくらしさ爆発で、セリフ多めだったり、独特のリズムだったりがつんくっぽい。
・現在ハロプロで最も人気のあるまーちゃん佐藤優樹)がメインでカッコよく歌っている点も人気の理由だと思われる。特に3:47~。
・個人的には何といっても我らが(?)カントリー・ガールズちぃちゃん森戸知沙希)がまーちゃんと二人でメインをやっていて大変良かった。カントリー・ガールズでのカワイイ感じとは真逆の超クールな一面が見せられてよかったね!

5位 ピーナッツバタージェリーラブ カントリー・ガールズ


カントリー・ガールズ『ピーナッツバタージェリーラブ』(Country Girls[Peanut Butter Jelly Love]) (Promotion Edit)

ももちこと嗣永桃子さんが参加する最後のシングル冒頭の嗣永桃子さんの美しい高音がとても印象的。ももちファンの思い入れが強くて票が集まったのかもしれない。
・全体的にめっちゃ甘くてカワイイ曲。それでいてブリブリしすぎない優美さがある。だいたい、タイトルからしてめっちゃ甘い。アメリカなどではピーナッツバター&ジャムという鬼のように甘そうな組合せのサンドイッチが広く食べられているらしい。
・作詞作曲はエリック・フクサキサンキューエリック!と言わずにはおれない。作詞にはなんと三浦徳子先生も名を連ねている。 k30otona.hatenablog.com

k30otona.hatenablog.com

 ・個人的には「これこれこーゆーの!!! やっぱカントリーはめちゃカワイイ路線でしょー!!!」との思い。

 

いやー、2017年もハロプロは面白かった!

(6月からの新体制でカントリー・ガールズの活動が減ったのは正直つらいけど……まだまだ盛り上がるはず!)

そして、今年2018年はハロプロ20周年! しっかり応援していきます!