オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

店員に態度が悪い大人にはならない。

某ファミレスで食事をしていると、隣の席に男性が1人で座りました。

年齢は30代前半でしょうか。これといって特徴のない、さえない人でした。

良くもなく、悪くもなく。ごく普通の成人男性。

彼に抱いたそんな印象がガラリと変わったのは、彼が注文したマグロ丼が運ばれてきた時。

 

「えっ、なにこれ。マグロ、少なくない?」

料理を運んできた店員さんが固まりました。彼より一回りは年上であろう女性です。

 

「前に注文したときは、もっと多かったけど」

タメ口で文句を付ける男性客。

「マグロは一人前ずつパックに入っているので、量は変わらないはずです・・・・・・」

恐る恐る対応する女性店員。

「いや、だって見てよ。メニューの写真と全然違うじゃん」

客がメニューを広げて文句を続ける。

「盛りつけの問題かと思います。調理担当に伝えておきます・・・・・・」

店員が低姿勢で対応を続ける。

 

「はあ~・・・・・・もういいよ」

解放された店員さんは、そそくさと店の奥に戻ろうとします。

そんな彼女に聞こえるような大声で男性客は「カメラに撮っとこっと!」と言いました。

スマホで料理をパシャリと撮影し、そのまましばらく画面を操作。

きっと、彼なりに「ネットで悪評を流してやる」とアピールしているんだと思います。

 

ご飯を食べながら、彼はバッグから取り出したマンガを読み始めました。

こちらに表紙が向けられていたので、マンガのタイトルが見えました。

そのマンガは何も関係ないけれど、この男性が読んでいるというだけで、なんだか嫌いになりました。

眉間にシワを寄っていたから、もしかしたらこのマンガにも不満を抱いているのかもしれません。

 

 

彼を見て、楽しく生きるって大事だなとつくづく思いました。