オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

「僕」から「俺」に変わる時。

僕はブログでの一人称のとおり、普段から自分のことを「僕」と言っています。

(ちなみに、仕事中は基本的に「私」といっています。)

 

「僕」は子どもっぽいと思いますが、人生において「俺」に変えるタイミングを逸してしまいました。

今さらキャラ変更して一人称を変えるのもどうかと思うので、そのままにしておきます。

ところで、男性の一人称について、こんなツイートが話題になりました。

 「大人の男になる条件」の一つとして「ボク」から「オレ」への一人称移行を挙げています。

小学生の頃に比較的スムーズに移行するとのことで、実際そうなのだと思います。

しかし、僕は移行に失敗してしまったわけです。

 

ちなみに「母親の呼び方移行期」については、昔から「お母さん」呼びです。

「お袋」、せめて「母さん」が大人の男っぽいですが、別に変えるまでもないかなと思っています。

人前で呼ぶわけでもないですし。

「ママ」呼びの方々は移行に苦労するかもしれません。

 

個人的には母親の呼び方よりも兄の呼び方に困っています。

実は「お兄ちゃん」から変えていないのです。

兄が高校進学後はあまり関わらなくなったので、長い間呼ぶことさえなかったのが大きな理由です。

 

さすがに三十路男が「お兄ちゃん」はいかがなものかと思います。

とはいえ、今さら変えるとなると……

「兄貴!」……なんか舎弟みたい

「兄さん!」……なんか上流階級みたい

「兄ちゃん!」……「おう、そこの兄ちゃん、ちょっとうちの店寄ってけや!」みたい

……と思っちゃいます。(考えすぎ)

元からそう呼んでいれば自然でしょうが、今から改めて呼び始めると思うと小っ恥ずかしいです。

 

 

さて、話を一人称に戻します。

親としては息子に「僕」との一人称を使わせるのではないでしょうか。

最初から「俺」と呼ばせようという親はなかなかいないかと思います。

そう考えると、「僕」から「俺」への移行は、親からの自立の第一歩なのかもしれません。

その移行を経ていないから、僕は大人になりきれていないのか……!!?

……でも、やっぱり今さら変えませんけどね(笑)

 

大人の男の苦労に関するお話でした。