オトナニナラネバ。

いい加減、大人にならねば……難しいけどね。

吉澤ひとみ、芸能界引退。

2018年9月6日、元モーニング娘。吉澤ひとみ酒気帯び運転、ひき逃げ等の疑いで逮捕された。

起訴を経て、9月27日に保釈。一夜明けて28日に芸能界引退を表明した。

吉澤ひとみに関するご報告|NEWS|吉澤ひとみ | J.P ROOM Inc

 

この件について自分なりに何か書いておかないと、モヤモヤが残る。

モヤモヤしたまま他のことを書こうとしても楽しくない。

何てことはない感想だけれど、この件について書いておきたい。

 

 

まず、驚いた。

スマホでニュースを漁っていると、見出しに「吉澤ひとみ容疑者」の文字。

よく知る名前の後ろに「容疑者」がつくと、その字面だけで心臓がギュッと縮む。

急いで内容を確認したら、飲酒運転でひき逃げしたとの内容。

飲酒運転もひき逃げも悪質な犯罪。最近は特に世間の目が厳しく向けられる行為だ。

 

関連する記事を一通り読み終わった後は、腹が立った。

なんて馬鹿なことをしたんだ、と。

何のつながりもないが、「身内が罪を犯した」ような気持ちに近い気がする。

「ストレス発散のために炎上している人を叩く」のとは違う気持ちだ。

僕も、全然興味がない芸能人が同じようなことをしたら、叩いていたのかもしれない。

絶対的に悪くて反論できない人を、正義の名のもとに虐めるのって気持ちがいいから。

暇つぶしのように怒るのはやめようと思った。

 

そして、移送される映像を観て、悲しくなった。

ただただ悲しい。

こんな悲しい母の姿を、将来彼女の息子が目にしてしまう日が来るかもしれないな。

 

しばらく間が空いて、保釈。その後、引退。

ちょうど安室奈美恵滝沢秀明の引退が話題になった時期。

引き際をわきまえた引退や、別の道を進む決意が表れた引退と比べてしまう。

はっきり言って、悲惨な引退だ。

積み上げてきたキャリアを台無しにして、呆気なく消えていく。

こんな悲しい引退は、もう見たくない。

 

さようなら、今までありがとう。